公民館の紹介

古江公民館の沿革

 

明治41. 5. 1

古志村・古曽志村・長江村が合併し古江村となる

明治41. 5.21

村役場設置

昭和30. 3. 6

「古江村公民館設置及び管理に関する条例」制定

昭和30. 3.10

松江市に合併、元役場に松江市役所古江支所設置

昭和30. 4. 1

松江市古江公民館設置。松江市役所古江支所に併設

昭和30. 6.30

公民館報「ふるえ」第1号発行

昭和31. 4. 1

松江市役所古江支所を廃止、古江出張所設置

昭和37. 6. 1

松江市役所古江出張所が廃止となり、独立公民館となる

昭和41. 4. 1

公設自主運営公民館となり、公民館運営協議会が松江市から委託を受けて運営するようになる

昭和52. 4.15

公民館館舎新築し移転する

平成 4.11.14

優良公民館として、島根県教育委員会教育長表彰受賞

平成15.10. 2

優良公民館として、文部科学大臣表彰受賞

 

 

古江地区の概要

 松江市の西北に位置し佐陀川より西方で、西は秋鹿に接し、北は鹿島町と朝日山を境とし、宍道湖岸約5㎞を一辺とする概ね正方形で面積19.3㎢。水田約4.3㎢で畑は約1.1㎢で他はほとんどが山林で約9.2㎢となっている。
 明治41年に古志村・古曽志村・長江村の3村が合併して古江村となる。当時の戸数は620戸、人口は3,300人であった。
 昭和30年に松江市に合併し、現在の町内会は西長江・東長江・古曽志・荘成・西谷・古志・西浜佐陀の7町内会と住宅団地は、浜佐陀団地・蔵京・湖北団地・朝日ヶ丘団地・新古曽志団地・向陽台団地・古江団地の7団地である。純朴な農村地域も住宅団地の造成もあり、戸数にして以前の倍以上の混在社会となり、都市的風潮が次第に濃厚になりつつある。

 

 人口および世帯数                  平成26年2月末現在

町 名

世帯数

人 口

男 子

女 子

西長江町

116

308

142

166

東長江町

166

466

212

254

古曽志町

770

2,116

1,008

1,108

荘成町

49

150

66

84

西谷町

116

305

163

142

古志町

270

619

321

298

西浜佐陀町

323

774

362

412

打出町

43

43

31

12

合 計

1,853

4,781

2,305

2,476

 町内会・自治会加入数  1,372世帯 加入率71.4% (平成25年4月末現在)
 65歳以上  1,296人 人口比26.9% (平成25年3月末現在)

 

 

平成26年度古江公民館活動計画並びに古江まちづくり活動計画

I.重点目標

1.

豊かな心、愛郷の心を育む諸活動の取り組み

2.

ともに支えあう地域づくりの取り組み

 

II.重点活動

1.住民参加のまちづくりの取り組み

(1)

(1)自治会・町内会、各機関団体との連携強化による地域振興と活性化の取り組み

(2)

(2)隣保組織等小地域の機能強化の取り組み

(3)

(3)地域における諸課題を話し合う「○○地区まちづくり会議」の開催

(4)

(4)自主防災組織の整備強化

2.豊かな心、愛郷の心を育む取り組み

(1)

(1)生涯学習、ボランティア活動、文化・スポーツ等諸活動への自主的、主体的な

参加促進

(2)

(2)差別のない人権尊重の取り組み

(3)

(3)きれいなまちづくりの取り組み

(4)

(4)松江市合併・古江公民館創立50周年記念事業の取り組み

(5)

(5)「ふるさとあったかスクラム古江地区委員会」の活動

3.ともに支えあう地域福祉の構築

(1)

(1)見守りネットワークの充実

(2)

(2)「ミニデイサービス」「なごやか寄り合い事業」の実施

(3)

(3)ふれあい敬老会の開催

(4)

(4)声がけ活動の一環としての給食サービスの実施

(5)

(5)介護教室・転倒予防教室等の開催

4.青少年健全育成活動の強化

(1)

(1)青少年の健全育成を進める学校・家庭・地域社会の連携強化

(2)

(2)学校のクラブ活動や総合学習に社会人の参加

(3)

(3)地域で子どもを育てる取り組みの強化

(4)

(4)青少年健全育成会議や子どもを中心としたイベントの開催

5.スポーツ・体育活動の推進

(1)

(1)スポーツ・体育活動による健康づくりの推進

(2)

(2)子どもも参加する地域におけるスポーツ活動の取り組み

6.安全安心のまちづくりの推進

 

(1)

(1)交通安全意識高揚の啓発活動

(2)

(2)交通安全教室の開催、高齢運転者実技講習会への参加

(3)

(3)交通安全施設・道路環境等の整備促進