公民館の紹介

秋鹿公民館の沿革

 

昭和 35. 8.

松江市合併に伴い、市役所秋鹿出張所内に設置

昭和 35.11

秋鹿振興協議会、秋鹿地区社会福祉協議会が発足

昭和 35. 6.

秋鹿公民館が秋鹿町3307(市秋鹿出張所に隣接)に竣工

昭和 38. 5.

大日堂御頭行事が松江市無形文化財に指定を受ける

昭和 40. 4.

秋鹿体育協会が発足

昭和 42. 4.

自主運営公民館(市委託方式)となり、秋鹿公民館運営協議会発足

昭和 50. 7.

秋鹿地区子ども会育成協議会発足

昭和 53. 2.

大日堂御頭行事が復活

昭和 60. 2.

秋鹿公民館建設期成同盟会結成

昭和 60.10.

郷土誌「ふるさと秋鹿」発行

昭和 63. 4.

秋鹿小学校跡地(現在地岡本町70)に新公民館竣工

昭和 63.10.

松江市長寿社会モデル地区指定

平成  3. 3.

秋鹿村・松江市合併、秋鹿公民館創設30周年記念「ふるさと秋鹿30年のあゆみ」発刊

平成  8. 2.

大日堂御頭行事に「子どもおもっつあん」が参加

平成  9. 4.

公民館に地域保健福祉推進職員配置

平成 11.11.

第52回優良公民館文部大臣表彰を受賞

陶芸室、倉庫を建設。陶芸窯を設置

平成 14. 3.

高齢者等交流会館「秋鹿ふれあい館」竣工

平成 17. 7.

公民館に「あいか児童クラブ」設置 放課後児童預かり開始 

平成 18. 9.

公民館運営が市委託方式から指定管理方式に変更される 

平成 23.11

秋鹿村・松江市合併 秋鹿公民館創設50周年記念・秋鹿公民館創設50周年記念「秋鹿50年の歩み」発刊