最近の活動

第1回食の探訪「ピーチメルバ風グラスデザート」を作りました!

2018年7月31日

7月30日(月)津田公民館で第1回食の探訪を行いました。

講師にポテ洋菓子店の松村拓朗氏を迎え、「ピーチメルバ風グラスデザート」と

「クレープシュゼット」の2品を作りました。

IMG_1762.JPG

初めに「ピーチメルバ風グラスデザート」の作り方の中で、今回はバニラのババロア

とフランボワーズソースの作り方を教えていただきました。

ババロアは、生クリームをやわらかめに泡立てたものを冷蔵庫で冷やしておきます。

次に卵黄と砂糖を混ぜ、バニラビーンズを入れた牛乳を温めたものを加えおよそ83℃

になるよう火にかけて混ぜます。粗熱がとれたら、生クリームとさっくりと混ぜたら

バニラのババロアの完成です。

次にフランボワーズソース(木苺のソース)作りです。粒の木苺とピューレした木苺

と砂糖を火にかけ煮詰めました。

   

グラスデザートは、4層になっていて、にシュトロイゼル(クッキー のようなもの)

を入れて、その上にバニラのババロアを入れ、その上に桃のコンポートを入れて、最後に

フランボワーズ(木苺)のソースをかけて出来上がりです!

  

次に「クレープシュゼット」をつくりました。クレープシュゼットは、オレンジソースで

軽く煮こんだクレープにグランマルニエでフランベしたものです。

初めにフライパンでクレープの生地を作りました。一人一枚ずつクレープを焼きました。

オレンジジュースとバターと砂糖でソースを作り、その中にクレープとオレンジの皮をむ

いたものを入れ、煮込みました。

最後に、松村氏がグランマルニエを入れてフランベして出来上がりました。 

     

 

IMG_1820.JPG

 

IMG_1817.JPG

今回は夏休み中で小学生の参加もあり、なごやかな雰囲気での食の探訪でした。

フランス菓子が、とても美味しく出来たと参加者の皆さん喜んでおられました。